つり銭を多く受け取ったのに黙っていると詐欺罪?

解説:つり銭が多いことに気づいた場合は、「つり銭が多い」ということを告知する義務があります。それをしなかった場合、不作為による欺く行為となり詐欺罪(刑法246条1項)が成立します。

自分から相手を積極的に騙すことを「作為」、その逆を「不作為」といいます。

「作為」・「不作為」に関わらず、詐欺罪になります。

詐欺罪だけでなく、「不作為の殺人」もあり、何もしなくても殺人罪になることもあります。

雑学へ戻る

ページの先頭に戻る