一般電話盗聴器の発見方法

だいたい家の外にあるヒューズが狙われます。

電話線を辿っていって、家の軒下になんだかコップをひっくり返して、その下から線が出ているようなものがあります。

この中にヒューズが入っていて、それが円筒形のヒューズなら、確認の仕方は、まず取り出します。(感電しないように!電話がかかってくると100ボルトくらいかかります。)

そして、よく見ます。

ヒューズに穴が開いてネジがのぞいていたら、それはおもいっきりFMバンド(FMラジオで受信できる)用の盗聴器です。

正常なものは、年式(昭和何年)とか書かれてあります。

何も書かれていないものは、それはUHFかVHFの盗聴器です。

円筒形以外のものは、すいません、情報がありません。

ちなみに、盗聴器を発見して、うまくゲットできたら、その筋に売ることによって、カネに変えることができます。質屋に入れてもいいんじゃないでしょうか。

「社会の裏側盗聴」にもあったように、盗聴器ゲットの為に乗り込むことはやめておいた方がいいです。何に巻き込まれるかわかりません。


TOPページへ戻る

裏技一覧へ戻る

ページの先頭に戻る